btmup Blog

Web 制作のことを中心に、ちょっとした Tips などを掲載しています。「自分用メモ」が基本スタンス。

WordPress

WordPressでURLに表示される「category/」を表示させなくするプラグイン – 「Top Level Categories」

投稿日:

パーマリンク設定を「/%category%/%postname%/」のようにしていても、カテゴリーアーカイブのページではURLに「category/」が付いてしまいます。

まぁもちろんブログとしては正しい表記なのでしょうし、個人サイトで特に気にしないというのなら別に良いのです。
が、企業サイトなどでCMS的な組み方をしている場合、これでは都合が悪い。ちょっと不細工ですね。
単一ページを使わずに、カテゴリーアーカイブそのものを「1つのページ」として表示するケースも結構あるので。
「CMSなんて使ってませんよー」「フツーのページですよー」っていう風に見せたいのに、URLにいちいち「category/」が入っては非常に困るワケです。

で、同じように考える人はやっぱりたくさん居るもので。
URLから「category/」を削除してくれるプラグインを発見しました。

使い方

まずはこちら↓からプラグインをダウンロード。
»Top Level Categories » Fortes

あとは他と同様「/wp-content/plugins」へアップロードして、管理画面で「使用する」をクリックするだけ。
特に設定する項目もありませんので、何もしなくても「category/」が表示されなくなります。

ただ、パーマリンク設定で入力しているURLの末尾に「/」があると、ページナビゲーションやサブカテゴリーについて不具合が発生するようです。
それについては不具合解決用プラグインを公開しているページがあったので、そちらからファイルをダウンロードしてまとめてインストールしておきましょう。
»Top Level Categories Fixプラグイン | WordPress Go Go

参考にしたサイト







-WordPress
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

WordPress の自動アップグレード手順。

WordPress 2.7.1 の日本語版がリリースされています(公式ブログ)。 で、「自動アップグレード」というのができるので「便利だなー」「でもちょっと不安かなー」と思いつつ、もうこのブログは済ま …

no image

使用中のWordPressプラグイン一覧。

このブログで使用しているプラグインの一覧。 これから追加していくと思うので、随時更新していきます。 Admin Management Xtended 投稿の管理画面でさまざまな設定が簡単にできるプラグ …

no image

カスタムフィールドの指定したキーの値だけ表示する方法

カスタムフィールドに入力した値を出力するには、 <?php if(have_posts()) : while(have_posts()) : the_post(); ?> <?php …

no image

WordPress 2.8.4 は「テーマの編集」から関数の解説へリンクできる。

WordPress 2.8.4 にアップデートしたら、「テーマの編集」に新しい機能が追加されてました。 各テンプレート内で使用されている関数を自動で認識して、その解説ページへリンクしてくれます。 テン …

no image

WPプラグイン「Flutter」を導入するとHTMLタグを使った投稿ができなくなる。

投稿画面をカスタマイズできる「Flutter」というプラグインを試験的に導入して、不要な項目を削除したりカスタムフィールドを設定したりいて「超便利!」と喜んでいたのですが……。 どうやらこのプラグイン …