btmup Blog

Web 制作のことを中心に、ちょっとした Tips などを掲載しています。「自分用メモ」が基本スタンス。

WordPress

WordPressの記事を複製できるプラグイン – 「Duplicate Post」

投稿日:

最近になってWordPressをCMS的に使う仕事が増えてきており、単純なテキストだけの記事の方が少なくなってきました。
そのため、「この記事(ページ)をコピーできたらなぁ……」と思う場面によく直面します。

タイトルや本文をコピペするだけであればまだマシですが、カテゴリー、タグ、カスタムフィールド、その他もろもろのメタ情報まで引き継ぎたいことも多々。
これらを一つ一つ設定していくのは非常に手間がかかる作業で、面倒なだけでなく間違いの元になるのでなるべく避けたいのです。

そんな中で見付けたのが「Duplicate Post」というプラグイン。
これを使うと、既存の記事を複製して新規投稿することができます。
もちろん「その他もろもろのメタ情報」まで、そっくりそのまま引き継ぎ可能。
(本当に複製された記事なのか、それとも既存の記事の編集画面なのか、一瞬分からなくなることも)

面倒な設定や難しい操作もありません。
非常に便利で使い勝手も良いですから、これから重宝しそうです。

使い方

導入(インストール)

導入までは他のプラグインと基本的には同じです。

まずはこちら↓からプラグインファイルをダウンロードしてください。
WordPress › Duplicate Post « WordPress Plugins

そして、解凍したファイルを「/wp-content/plugins」へアップロードし、管理画面で「使用する」をクリック。

これでプラグインのインストールは完了です。
特に設定する項目はありません。

操作方法

投稿記事の管理画面(一覧)に「Duplicate」というテキストボタンが追加されているので、それをクリックするだけで該当する記事の複製が作成されます(自動的に下書きとして保存されます)。
投稿記事の管理画面(一覧)

また、記事ごとの編集画面にも下の方に「Click here to create a copy of this post.」というテキストと、「Make Copy」というボタンが追加されています。
これも同じく「Make Copy」ボタンをクリックすると、その記事の複製が作成されます。
記事ごとの編集画面

投稿記事だけでなく「ページ」についても、それぞれの編集画面にある「Make Copy」を使うことで複製することが可能です。
ただ、一覧表示に「Duplicate」は表示されません。
一瞬「あれっ?」となるところだと思うので、ご注意ください。

参考サイト

他に試したプラグイン

これまでにも「Post Templates」という記事のひな形を作れるプラグインを見付けており、これで応用できないかしばらく試していました。

ただ、複製したいページがあっても一度ひな形を作る必要があり、どうしても煩雑な作業になってしまいます。
ECサイトの商品紹介ページのように、定型化したテンプレートで何ページも作っていくような場合は便利なんですけどね。

また、ひな形の編集画面がなぜか崩れて表示されてしまうため、ちょっとした修正を行うだけでも非常に不便。

というわけで、残念ながらこれまでに実用や納品に至ったケースはないのが現状です。







-WordPress
-, , ,

執筆者:


  1. 仕事メモ より:

    WordPressの記事を複製できるプラグイン – 「Duplicate Post」

    WordPressの記事を複製できるプラグイン – 「Duplicate Post」 | btmup Blog [tech] http://www.btmup.com/blog_tech/wordpress/wordpress-plugin-duplicate-post.html
    これは便利ですね。 こういうのないかなあ、と思って…

  2. WPの記事を複製するプラグイン 「Duplicate Post」

    デフォルトでつけろよ、とも思うんですが、地味にブログ記事を複製するのってないと不便だよね!
    そんな不便を日々感じつつもなにもしなかったんですがとうとういれました。
    単純に…

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Web 上に散らばるコメントを元記事に集約 – BackType Connect。

「BackType Connect」というツールについての記事がありました。 なかなか興味深いのでご紹介。 »WordPress用のBackType ConnectがWeb上の会話をあなた …

no image

WordPressでURLに表示される「category/」を表示させなくするプラグイン – 「Top Level Categories」

パーマリンク設定を「/%category%/%postname%/」のようにしていても、カテゴリーアーカイブのページではURLに「category/」が付いてしまいます。 まぁもちろんブログとしては正 …

no image

WordPress のビジュアルエディタで表示すると文字参照が文字そのものに置き換わる

えー、どういうタイトルにしたら分かりやすいのか、ということがよく分からないんですが、放置できる内容でも無さげなのでとりあえずメモ。 とりあえず現状報告 「@」とか「©」とか、ちょ …

no image

WordPress の自動アップグレード手順。

WordPress 2.7.1 の日本語版がリリースされています(公式ブログ)。 で、「自動アップグレード」というのができるので「便利だなー」「でもちょっと不安かなー」と思いつつ、もうこのブログは済ま …

no image

query_posts() を設定すると「WP-PageNavi」プラグインが正常に動作しなくなる件の解決法

アーカイブページが複数に分割されているとき、WordPress 標準の機能だけでは「次のページへ»」とか「«Prev」と表示するくらいしかできません。 しかし、「WP-Page …