ホーム > タグ > ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタ

WordPress のビジュアルエディタで文字サイズを変更する方法。

なんか最近、ビジュアルエディタの話題ばっかりやなぁ。
……ま、いっか。
今回は、文字サイズの変更方法です。

WordPress 標準のビジュアルエディタには、文字の色を変えたり強調表示(<strong>タグ)したりするツールは含まれているのですが、何故か文字サイズを変更するツールはありません。
「フォーマット」の中にあるのは見出し(<hx>タグ)なので、意味が違います。

そこで例によってググってみたのですが、例によって情報はかなり少ない。
どうにか1つだけ見つかりましたので、ここではその方法をご紹介します。
ただ、もちろんこれで解決ということはないので、あくまで「こういう方法もあるよ」くらいに捉えてください。
この記事の続きを読む

WordPress のビジュアルエディタで表示すると文字参照が文字そのものに置き換わる

えー、どういうタイトルにしたら分かりやすいのか、ということがよく分からないんですが、放置できる内容でも無さげなのでとりあえずメモ。

とりあえず現状報告

「@」とか「©」とか、ちょっと特殊な文字を表示するために使うのが「文字参照」です。
正確には「数値文字参照」と「文字実体参照」に分けられるそうで、「@」を表示するための「&#0064;」が前者、「©」を表示するための「&copy;」が後者になるワケですね。
ま、ここでは分ける必要もないですしややこしいので、ひっくるめて「文字参照」ということにします。

さて、問題なのは、ビジュアルエディタで投稿記事を表示したとき、文字参照で書いていた内容が文字そのものに置き換わってしまうこと。
つまり、「&#0064;」と書いていた部分が「@」になってしまうのです。
しかも、HTML エディタでもう一度表示しても、変わってしまったまま。
これではメールアドレスがそのままソースに載っちゃったりすることになり、非常に気持ち悪い状態です。
(それでスパム対策になるのか、とかの議論は置いといて)

逆に、ビジュアルエディタで入力した「<」や「>」や「&」なんかは、「&lt;」や「&gt;」や「&amp;」といった文字参照に自動的に変換してくれます。
これは、そのままだとソースに影響してしまう文字を無害にするための処理。
タグとかスクリプトとかで使ったりしますからね。

ただ、ここで思うのは、どうせならソースに関係ない文字もそういうふうに(ビジュアルエディタ上では文字として表示するけど、HTML で見ると文字参照になっているように)処理してくれたら良いのになぁ、ということ。
でも、実際はその反対の結果になっています。

何か意味あるんでしょうかね。
いくらかググってみましたが、有効な情報はまったく見つからず。

うーん……、ビジュアルエディタを使っている以上、これくらいの不満は飲み込まないといけないのかなぁ。

WordPress のビジュアルエディタでテーブル(表組み)の行を複製したり削除したりする方法。

WordPress のビジュアルエディタとテーブル(表組み)はどうも相性が悪いらしく、新規に追加できるようにするだけでも一工夫が必要でした(過去記事参照)。
で、編集するのもやっぱり一筋縄ではいかず、できることはかなり限られています。
いろいろ試してはみたのですが、どうも表組みの構造をいじることを頑なに拒まれてる感じ。

そんな中で、行の複製と削除の方法が(なんとなくですが)分かったので、メモ的にアップしておきます。

尚、この方法は Internet Explorer では使えません(IE6、IE7とも)。
Firefox で試してみてください。

追記(09.02.19):いろいろ試してみた結果、どうやらWindows 環境では削除だけしかできないようです(コピーまではできるけど、ペーストする位置を選択できない)。
IE、Firefox、Opera、Google Chrome で試しましたが、いずれも複製はできませんでした。
目下、別の方法を模索中。

追記(09.02.24):デフォルトのエディタをカスタマイズしてるよりも、プラグインの TinyMCE Advanced を使った方が良さげです。またいずれ別記事にまとめます。

この記事の続きを読む

WordPress のビジュアルエディタにテーブル(表組み)の追加・編集機能を付ける方法。

WordPress に標準で付いているビジュアルエディタには、テーブルの編集機能はありません。
既存のテーブルをいじったりすることはもちろん、新規に追加することすら不可。
HTML でガシガシ組める人なら問題ないのですが、お客さんにそれを期待するのは現実的にムリがあります。

で、いろいろ調べてみたところ、ごく簡単なテーブルなら追加したり編集したりできる方法がありました。
修正する箇所も少なくて済むので、さほど時間もかかりません。

実はプラグインもいくつか見つけたのですが(「WP-Table」とか「TinyMCE Advanced」とか)、検証する時間が無かったり、オーバースペック気味だったり、動作が不安定っぽいことが書いてあったりするので、今回はスルーしてます。

追記(09.02.24):TinyMCE Advanced はどうやら良い感じに動いてくれそうです。いずれ別記事にまとめます。

この記事の続きを読む

1 / 11

Home > Tags > ビジュアルエディタ

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ