ホーム > タグ > phpinfo

phpinfo

PHP情報の確認方法 – phpinfoの使い方。

PHPの動作環境・設定環境を確認するには、phpinfo()関数を使うと便利です。

使い方

まず、以下の一文を記載した新規ファイルを作成します。

<?php phpinfo(); ?>

ファイル名については後述しますが、「phpinfo.php」は避けてください(セキュリティ上の問題)。
関数名がphpinfo()だからといって、ファイル名まで「phpinfo.php」にする必要はありません。
要は自分だけ分かれば良いワケですから、意味のない名前でもいいのです。
ただ、拡張子に「.php」を付けることをお忘れなく。

で、作成したファイルを確認対象のサーバーへアップしたら、あとはブラウザからアクセスするだけ。
PHPに関する情報がズラッと表示されます。

例えば、サーバーのルートにファイルをアップした場合、以下のようなURLになります。

http://ドメイン名/アップしたファイル名.php

確認が終わったら、このファイルはすぐに削除してしまいましょう。
PHPだけじゃなくサーバーに関する情報もいろいろ表示されるので、ずっと残しておくのは危険です。

参考:PukiWiki-official「phpinfo()」

この記事の続きを読む

1 / 11

Home > Tags > phpinfo

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ