ホーム > タグ > Firefox

Firefox

Firefox で特定のページの特定の箇所から特定のページにリンクしたとき「一部だけ暗号化されていない」という状態になる

何かよく分からない事象にハマってます。
もし原因や解決法などをご存知の方が居ればぜひ情報を……。

  • 同一ドメインにおいて(仮に「http://www.hoge.jp/」とします)
  • Firefox で保護されていない特定のページ(「http://www.hoge.jp/〜」)から保護されている特定のページ(「https://www.hoge.jp/〜」)へリンクしたとき
  • 「一部しか暗号化されていない」という状態になる
  • そのページをリロードすると、その事象は解消される(すべて保護されている状態になる)
  • 同じリンク元ページの別の箇所から、まったく同じ URL にリンクしても、上記のような事象は発生しない(すべて保護されている状態になっている)
  • リンク先 URL を直接入力したり、他のページからリンクしても、やっぱり事象は発生しない
  • つまり、特定のページの特定の箇所にあるリンクでのみ、事象が発生している(再現性あり)
  • IE、Safari、Google Chrome といった他のブラウザでは特にそういったことは起こらない
  • 逆に Opera では、どの保護されていないページ(「http://www.hoge.jp/〜」)からであっても、保護されているページ(「https://www.hoge.jp/〜」)へリンクした場合、「保護されてはいません」となる
  • Opera の場合、Windows ではリロードすると解消される(保護されている状態になる)が、Mac だとリロードしても解消しない(URL を直接入力してもダメ)
  • このサイトは PHP で構築されていて、ファイル名によって「http://」と「https://」を 302 リダイレクトで切り替えている(「info.php?〜」なら「http://」、「edit.php?〜」なら「https://」という具合)

という感じです。
もう、まったく意味が分からないんですけど……。

Firefox でテーブルの線(border)が表示されたりされなかったりする件の対策。

珍しく Firefox のバグです(だと思います)。
あえて「解決法」ではなく「対策」としたのは、解決したかどうか定かではないからです。
つまり、「よく分からんけど、とりあえずうまくいってるっぽい」と。

発生した現象はタイトルの通りですが、テーブルに設定した線が、Firefox で見てみると表示されたりされなかったりするのです。
「されたりされなかったり」とは言っても、表示のたびに結果が変わるということではなく、再現性はあります。
ただ、文字サイズを変えたり行間を変えたりパディングを変えたりすると、表示される線と表示されない線が違ったりするということです。
色々な数値を微調整していけばすべての線がちゃんと表示されるポイントがあるかも知れませんが、環境が異なればまた結果も変わってくるでしょうし、根本的な解決にはなりません。

というワケで、色々試した結果、以下のような方法に落ち着きました。
かなり無理矢理ではありますが、今のところ正常に(?)表示されています。
この記事の続きを読む

現在インストール中の Firefox アドオン一覧。

メモ的ポスト。
「Extension List Dumper」で生成したリストを基にしてます。

ColorZilla 2.0.2
http://www.colorzilla.com/
Firefox 1.5 – 3.5.*
Web ページ上の色を拾ってくることができます。
Dr.Web anti-virus link checker 1.0.21
http://www.drweb.com/
Firefox 1.0 – 3.6.*
リンク先が安全かどうか、事前に調べることができます。
→紹介記事:【レビュー】右クリックでウイルスチェック – Firefoxアドオン「Dr.Web anti-virus link checker」 (1) Dr.Web anti-virus link checkerのインストールと概要 | パソコン | マイコミジャーナル
Echofon 1.9.4
http://echofon.com/
Firefox 3.0 – 3.6.*
いちいちページを開かなくても、ポップアップ(バルーン?)で Twitter の確認ができます。
新規件数が表示されたり、そのまま投稿もできたり、何かと便利。
Extension List Dumper 1.14.4
http://sogame.awardspace.com/
Firefox 1.5 – 3.6.*
インストールされているアドオンのリストを生成してくれます。
表示する項目も色々設定可能。
FireMobileSimulator 1.1.9
http://firemobilesimulator.org/
Firefox 2.0.0 – 3.5.*
ケータイで表示されたときの状態をシミュレーションすることができます。
Firebug 1.4.5
http://www.getfirebug.com/
Firefox 3.0 – 3.6.*
言わずと知れた定番デバッグツール。必須。
FormFox 1.6.3
http://www.people.fas.harvard.edu/~dsteinbr/
Firefox 1.5 – 3.6a1pre
フォームの送信ボタンにマウスオーバーすると、送信先を表示してくれる。
それを見て得体の知れないところに送ってたりしないか確認しなさいよ、と。
Foxdie for Firefox 3.1.9.3
http://www.foxdie.us
Firefox 3.0 – 3.5.*
要するにスキンです。
シンプルでボタンも小さいこいつがお気に入り。
Google Toolbar for Firefox 6.1.20091119M
http://www.google.com/
Firefox 2.0 – 3.*
Google のもろもろツールバー。
Greasemonkey 0.8.20091209.4
http://www.greasespot.net/
Firefox 1.5 – 3.6.*
これに対応した Javascript のプラグインをインストールすると、色々便利になります。
Hatena Bookmark 1.2.9
http://b.hatena.ne.jp/help/firefox_addon
Firefox 3.0 – 3.7a1pre
はてブへのブックマークが簡単にできます。
MeasureIt 0.3.9
http://www.kevinfreitas.net/pro/extensions/
Firefox 1.0 – 3.5.*
Web ページ上でサイズ(寸法)を測ることができます。
Mr Uptime 0.9.4
http://www.pingdom.com/mruptime/
Firefox 3.0 – 3.5.*
サーバーが落ちてたりしたときにボタンを一つ押しておくだけで、復活したら教えてくれます。
Resizeable Textarea 0.1d
Firefox 1.0 – 3.7a1pre
フォームの入力欄をサイズ変更できます。
SQLite Optimizer 0.7
http://miyafx.blogspot.com/2009/03/sqlite-firefox.html
Firefox 3.0 – 3.5.*
Firefox で使用しているデータベースを最適化してくれるらしいです。
Screengrab 0.96.2
http://www.screengrab.org/
Firefox 3.0 – 3.5.*
任意で設定した範囲のスクリーンショット(キャプチャ)を作成することができます。
縦長のページでも丸ごと一枚の画像にできたりするので、結構便利。
Tab Mix Plus 0.3.8.2
http://tmp.garyr.net
Firefox 3.0 – 3.7a1pre
タブ機能を拡張してくれるんだったと思いますたぶん。
Tombloo 0.4.5
Firefox 3.0 – 3.5.*
Tumblr などへの投稿が簡単にできます。
これが無かったら Tumblr を使い続けることはまず不可能。
Tumblr Post 0.94
(無効)
http://www.davidkarlsson.info/
Firefox 1.5 – 3.5.*
Tombloo を使い始めてからこれは使ってないんですけど……。
何だったっけ……?
WOT 20091028
http://www.mywot.com/
Firefox 1.5 – 3.7a1pre
リンク先のページの危険性を事前に知らせてくれます。
Web Developer 1.1.8
http://chrispederick.com/work/web-developer/
Firefox 1.0 – 3.5.*
Firebug と並んで定番のアドオン。もちろん必須。
機能がありすぎてとても紹介なんてできないのです。
YSlow 2.0.2
(無効)
http://developer.yahoo.com/yslow
Firefox 2.0 – 3.5.*
Web ページの読み込み速度を計測してくれます。
これが有効になってるとエラーになるページがあったので、現在は無効中。
機能自体はたぶん便利。
feedly 2.9.1
http://www.feedly.com
Firefox 3.0 – 3.6.*
登録した RSS フィードを雑誌風のレイアウトで表示してくれます。
それはそれで良いんですけど、処理が何かと重いのと、ザーッと流し読みしづらいのがちょっと難点。
故に最近はあんまり使ってません。

いろんな種類のキャプチャができる Firefox アドオン – 「Screengrab!」

「Screengrab!」を使えば、Webページ全体や表示範囲のみ、あるいはユーザーが任意に指定する範囲のキャプチャをすることができます。

Mac環境ではFlashがうまくプリントできなかったり、「Shift+command+4」でキャプチャするにも案外手間だったり、そもそも縦長のページは分割するしかなかったり、様々な問題や不満があったのですが、このアドオンを使い始めてそれらはすべて解消しました。
毎回の初動でモタついたり、重いページだと若干画像がおかしかったりすることもありますが、実用レベルには十分だと思います。
この記事の続きを読む

Firefoxで「警告:応答のないスクリプト」のダイアログが出ないようにする

最近、Firefoxで処理が重くなったときにこんなメッセージがダイアログで出るようになりました。

警告:応答のないスクリプト

このページのスクリプトは処理に時間がかかっているか応答しなくなっています。今すぐスクリプトを停止するか、スクリプトをデバッガで開くか、このまま処理を続行させるか選択してください。

firefox_alarm

で、「スクリプトをデバッグ」「処理を続行」「スクリプトを停止」というボタンのどれかをクリックしないと、次の操作へ進めません。

このメッセージをよく見かけるのは、WordPressの「管理」メニューから「カテゴリー」をクリックしたとき。
なので、「WordPressの調子が悪いのかなー」と思っていたのですが、調べてみるとどうやらFirefoxの設定のようです。
(WordPressの方は、単純にカテゴリーの数が増えたせいで処理が重くなってただけかと)

要は、Firefoxはある設定された時間だけ待ってくれるけど、その時間を過ぎて「スクリプトが応答してない」と判断したときにこのメッセージが出るワケですね。
ということは、「スクリプトが応答してない」と判断するまでの時間を伸ばしてやれば、メッセージも出なく(出にくく)なるワケです。

この記事の続きを読む

1 / 212

Home > Tags > Firefox

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ