Home > Web制作全般 > 発注者と受注者の溝を埋める(かも知れない)ワークショップ開催。

発注者と受注者の溝を埋める(かも知れない)ワークショップ開催。

[読了時間の目安:約 2 分]

CSS Nite の公式サイトで、新たなイベントの案内が掲載されています。
»Web担当者Forum × CSS Nite「実践ワークショップ」を開催します – CSS Nite公式サイト

Web制作者をターゲットとするCSS Nite、企業内のWeb担当者をターゲットとするWeb担当者Forumがコラボ企画として、発注サイドと受注サイドが同じテーブルにつき、ワークショップ形式にて特定のトピックについて掘り下げるセミナーを企画しました。

第一回のテーマは「発注者と受注者の“すり合わせ”のためのチェックリスト」。
サイト制作にあたって共有しなければならない情報は山ほどあるわけですが、それを標準化しようという試みのようです。

会社によって、サイトの規模や目的によって、あるいはその他の諸事情によって、制作方法やフローがまったく違うのが現状ですからね。
とりあえず作り始めたけど「そんな修正、今からじゃムリだって!」とか「その素材ってクライアント提供じゃないの!?」っていうことはザラにありますし、「なんで最初に言わないんだ!」と叫びたくなることが今まで何度あったことか。
「最低限これくらいは必要」ということだけでも決まっていれば、かなり効率的に仕事が進むような気がします。

まぁ業界標準ができたとしても、それを会社が採用するかどうかってのは別の問題としてあるんですけど……。
個人的にはどんどん積極的に取り入れていきたいと思います(一人じゃ意味がないので営業と結託しながら)。

うーん、どこまでも他力本願。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.btmup.com/web-general/css-nite-webtan-workshop.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
発注者と受注者の溝を埋める(かも知れない)ワークショップ開催。 from btmup Blog

Home > Web制作全般 > 発注者と受注者の溝を埋める(かも知れない)ワークショップ開催。

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ