ホーム > タグ > OpenOffice.org

OpenOffice.org

OpenOffice.org の Calc で色々な操作ができないときにまず確認すべきこと。

Office ソフトの互換ツールとして代表的な「OpenOffice.org」ですが、何かと使い勝手が悪い(違うだけなのかも知れないですが)と感じる部分がチラホラあります。

以前にも「OpenOffice.org における、Microsoft Office の「ページ設定」にあたるメニューの在り処。」という記事を書いているのですが、今回はもっと根本的(?)なところの話。

「.xlsx」形式の Excel ファイルを Calc で開いたところ、セルの大きさを変更できませんでした。
ん? と思ってコンテキストメニューを開くと、「コピー」「貼り付け」「選択リスト」しか出てこない。
んん? と思って「書式」メニューを見てみると、「ページ…」メニューがグレーアウトしていて、印刷の設定すらできない状態。
何じゃこりゃ? と思ってセルをダブルクリックすると、「このドキュメントは読み取り専用で開いています。」の文字。

あぁ、なるほど……。
ここでようやく事態が飲み込めました。
要は、読み取り専用だったために、データの編集についてのあらゆる処理が不可になっていたわけですね。
だからって、データを編集してたら別名保存するようにすれば良いだけなのに……。
「データを編集したか否か」という条件分岐すら拒否するってことなんですかね。
んー、不便!

というワケで、他にも「フツーならできるはずのことができない!」なときは、とりあえず別名で保存し直してみましょう。
使い勝手に憤るのはそれから…………。

OpenOffice.org における、Microsoft Office の「ページ設定」にあたるメニューの在り処。

「Microsoft Office(以下、オフィス)」と互換性のあるオープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org(以下、OOo)」。
大変便利なのでよく使っているのですが、オフィスとはビミョーに操作方法が違っていたりして、たまに(多々?)イラッとさせられることがあります。
今回もそんな感じの発見を一つご紹介。

Mac での操作方法を書いてるので、Windows の方は(もし何か違っていたら)適宜似た感じの項目で読み替えてください。
あと、使ってるバージョンは 3.2.0 です。
(最新版は 3.2.1 が出てるようですが、まぁ大きく変わってることはないはず)
この記事の続きを読む

1 / 11

Home > Tags > OpenOffice.org

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ