ホーム > タグ > IE

IE

IE6、IE7 で「識別子、文字列または数がありません」というスクリプトエラーが発生する。

最近 jQuery を使うことが多く、それに伴ってデバッグ作業が増えてきました。
その中でもちょくちょく目にするのが「識別子、文字列または数がありません」というエラー。
主に IE6、IE7 で発生しています(たぶん IE8 では出たことない)。

で、原因なんですが、まぁ言ってしまえばケアレスミスです。
この記事の続きを読む

背景画像を設定した要素のテキストに IE でもドロップシャドウを表示する方法。

CSS3 には「text-shadow」というプロパティがあり、これを指定するだけでテキスト要素に影を付けることができます(色や距離やぼかし具合もコントロール可)。
ただし、IE 以外ですが。例に漏れず。

IE9 からは CSS3 にもある程度対応するそうですが、現行の IE8 までは完全に無視されます。

で、IE でも CSS3 を使えるようにしたり、ドロップシャドウを擬似的に実現する方法が幾つかあるらしく、色んなところで紹介されています。

ただ、なぜか上記の方法ではうまくいかず、結局「IE の独自拡張を直に書く」というベタ(?)な方法に辿り着きました。
なぜ他の方法が使えなかったのか、詳しい経緯は覚えてません。
ひょっとしたら、「本当はうまくいってたけど設定が間違ってて出来ないと勘違いした」なんてケースもあるかも……。
ちゃんと履歴は残しとかないとダメですねすいません。
この記事の続きを読む

Firefox でテーブルの線(border)が表示されたりされなかったりする件の対策。

珍しく Firefox のバグです(だと思います)。
あえて「解決法」ではなく「対策」としたのは、解決したかどうか定かではないからです。
つまり、「よく分からんけど、とりあえずうまくいってるっぽい」と。

発生した現象はタイトルの通りですが、テーブルに設定した線が、Firefox で見てみると表示されたりされなかったりするのです。
「されたりされなかったり」とは言っても、表示のたびに結果が変わるということではなく、再現性はあります。
ただ、文字サイズを変えたり行間を変えたりパディングを変えたりすると、表示される線と表示されない線が違ったりするということです。
色々な数値を微調整していけばすべての線がちゃんと表示されるポイントがあるかも知れませんが、環境が異なればまた結果も変わってくるでしょうし、根本的な解決にはなりません。

というワケで、色々試した結果、以下のような方法に落ち着きました。
かなり無理矢理ではありますが、今のところ正常に(?)表示されています。
この記事の続きを読む

IE6 で文章の最後の2文字(くらい)が変なところに表示されてしまう問題の原因と解決法。

ひょっとしたら定番ネタかも知れないのですが、ググってみても情報が見当たらなかったのでとりあえずメモ。

IE6 で float を使ったレイアウトをしているとき、文章の末尾(最後の2文字くらい)が変なところに表示されるということがあります。
どう変かというと、末尾の文字をそのままコピーしてはみ出たような、そんな感じです。
もちろんソースにそんなものは含まれていません。
JavaScript や PHP なんかを使っている訳ではなく、純粋に HTML と CSS のみでもこのような事象が起こります。
この記事の続きを読む

IE7で○(丸)や×(バツ)などの記号が小さく表示される事象について

IE7(Internet Explorer 7)で発生する、「一部の記号(○□△×など)が小さく表示される」という事象を解決する方法があったので、メモ的にエントリーしておきます。

結論から言ってしまうと、「UTF-8 でフォント指定をしていないサイトを IE7 で表示した場合」に発生する事象のようなので、その条件をクリアしてやれば良いようです。

以下、詳細。
この記事の続きを読む

1 / 212

Home > Tags > IE

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ