ホーム > タグ > ブラウザ

ブラウザ

Mac OSX の Safari で PDF へのリンクをクリックしたとき、ウィンドウで開かずにダウンロードするように設定を変更する方法。

ずっと Firefox を使っていたのですが、その重さに耐えかねて最近 Safari をメインのブラウザに切り替えました。
アドオンが使えなくなるので不便かな? と思っていたのですが、意外とそんなこともなく、無いなら無いでそれなりにこなしています。
何より、多少の不便はまったく気にならないくらい、起動やページ遷移のときに感じるストレスが格段に減りました。
「速さ(早さ)は価値」ですね~。
(それでも Firefox を使わざるを得ないことは時々ありますが)

ただ、そんな Safari でもイラッとする場面があります。
そう、それは PDF へのリンクをクリックしたとき。
Firefox とは違って、Safari では PDF をウィンドウ内で開くのがデフォルトになっており、リンクをクリックするたびにビューワーの起動を待つ羽目に……。
きちんと明示してくれていれば、Option + クリックで(あるいは control + クリックで表示したコンテキストメニューから)ダウンロード、ということも可能ですが、そこまで親切なサイトなんて実際は限りなく少ない。
より快適なブラウジング環境の構築のためには、PDF へのリンクをクリックしてもデフォルトでダウンロードしてくれるようにするのは必須条件なのです!(←大げさ)

という訳で、調べてみました。
途中でちょっと引っかかってしまったので、その解決策と共にメモ。
この記事の続きを読む

Safari 4 は世界で最も早く最も革新的なブラウザ(らしい)。

昨日(2/24)、Safari 4 のパブリックベータ版がリリースされたそうです。
(ということを今朝のシステム会社の方との打合せで知りました)

»アップル、Safari 4を発表 ? 世界最速、最も革新的なブラウザ

Safari 4に組み込まれたNitroエンジンによりJavaScriptの実行速度がSafari 3に比べ4.2倍速くなっています

と謳っているあたり、Google Chrome を意識しているのは間違いないでしょうね。
JQuery などのライブラリやら Ajax を採用しているサイトもかなり多くなっていますし、JavaScript の処理速度というのは HTML のそれと同じくらい重要ということなのだと思います。
まぁ HTML の読み込み速度についても書いてますが。

また、

Safari 4はまた、ダイナミックウェブアプリケーションのために特に設計されたCSS、JavaScript、XML、SVGなどのウェブスタンダードにブラウザがどれだけ適合しているかを検査するWeb Standards ProjectのAcid3テストに合格した初めてのブラウザでもあります。

とか、

最近では、WebKitはHTML 5、CSS 3といったウェブスタンダードの導入において先導的役割を果たし、その高速で先進的なコードベースで知られています。

といった記述もあり、「革新的」であることと同時に「Web標準」についても強くアピールしている印象です。

色々と新機能も追加されているようですが、正直、よく分かりません。
というか使ってみないと分からない気がします。

Firefox のアドオン(Firebug 等)以上に使える機能が出てこないうちは Safari がメインブラウザになることは恐らく無いですが、ちょっとずつ使っていった方が良いんだろうなぁ、とは思います。

HTML 5 や CSS 3 も、そこまで意識しないといけない段階まで来てるんですね。
やばいなぁ……。ついてかないと。

ダウンロードはこちら↓から。
»アップル – Safari – Safari 4の登場です。 – 目の前にひろがる新しいウェブの世界。

参考サイト

より詳しい内容が分かりやすく解説されています。
»Safari 4パブリックベータがリリース | Web標準Blog | ミツエーリンクス

実はセキュリティがイケてなかったんですね。知らなんだ。
»ようやく他のブラウザに追いついたSafari 4のセキュリティ – Zero Day – ZDNet Japan

1 / 11

Home > Tags > ブラウザ

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ