ホーム > タグ > エディタ

エディタ

SOY CMS の記事編集画面で TinyMCE エディタを無効にする方法(プラグイン)。

SOY CMS には、記事(エントリー)を編集するエディタとして「TinyMCE」が導入されています。
このエディタ、HTML が分からない人にとっては非常に便利なシロモノ。
なんせ文字のスタイルからリンク、画像の挿入にリスト、さらには表組みまで、付属のボタンだけで簡単に実現できてしまうのです。

ただ、HTML のことを分かっている人、直接 HTML で書き込みたい人にとっては、少々厄介な存在でもあります。

TinyMCE エディタのソース編集ボタン

一応「HTML ソース編集」というボタンもあり、開いた小窓でソースを触ることはできるのですが、なぜか書いた通りにならないことも多々。
要らんところに<p>タグが入っていたり、改行したはずが一行になってたり……。

というワケで、「エディタを介さずに直接 HTML を編集したい!」と思う人も結構居るワケです。
実際、僕は WordPress で記事を編集するときは HTML の直接編集しかしたことがありません。
(まぁそれでも補助的なボタンは付いてるので便利は便利なんですけどね)
この記事の続きを読む

WordPressのビジュアルエディタで通常の改行(
)を入力する方法

普段はHTMLエディタしか使わないのですが、お客さんに操作方法を説明しないといけないのでビジュアルエディタも触り始めています。
(HTMLのことをまったく知らない人にCMSの管理をさせるっていうのもどうかと思うんですけど他もそんなもんなんですかねぇ)

で、まったく知らなかったのですが、ビジュアルエディタで単純にEnterを押すだけじゃ<p>タグになっちゃうんですね。
<br>タグにするためには、Shiftを押しながらのEnterでした。

どうやらこれはWordPressに限らず、多くのビジュアル(リッチ)エディタに共通している仕様みたいです。

いやぁ、奥が深い……。

参考サイト

ビジュアルエディタについての雑感

idとかclassが無効になっちゃうんじゃないかとか、行揃えのアイコンを押したら非推奨属性を入れちゃうんじゃないかとか、意味不明なソースになってレイアウトが崩れまくるんじゃないかとか、いろいろ不安はありましたが、今のところ大きな問題は発生していません。

不満があるとすれば、分かりやすくするために入れておいた改行が全部解除されてしまうことでしょうか。
全体的にソースがギュッと詰まってしまうので、パッと見の印象はかなり変わって「ん?」となります。

タグの閉じ忘れとかは直してくれるっぽいのですが、ってことは気づかないところで構造が変わってる可能性もあるってことで、そのあたりはやっぱり一抹の不安は残っています。

1 / 11

Home > Tags > エディタ

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ