Home > スマートフォン(スマホ) > Android の通知バー(ステータスバー)に表示される広告の原因は「Airpush」と判明!

Android の通知バー(ステータスバー)に表示される広告の原因は「Airpush」と判明!

[読了時間の目安:約 10 分]

通知トレイに表示されている広告の写真

随分長い間悩まされましたが、ようやく Android の通知バーに広告が表示される原因が判明しました。
僕が使ってる機種はドコモの Xperia arc(SO-01C)ですが、たぶん他のスマホでも同じハズ。
(ちなみに「通知バー」ってのは画面の一番上にある表示領域のこと。それを開いて表示されるのが「通知トレイ」と言う(らしい))
Xperia arc の通知バー
↑赤枠で囲ってるのが「通知バー」(「ステータスバー」とも言う(らしい))

ウザくてウザくてしょうがなかったんですが、どうやらこれで長い苦しみから逃れられそうです。
あぁ良かった。

さて、タイトルでいきなり結論を言ってしまってますが、「Airpush」という技術(サービス?)が原因のようです。
もう少し正確に言うと、「Airpush を使っている(採用している)アプリが原因」ということ。
僕も今回調べてみて初めて知ったんですが、かなり以前(1 年以上前?)からある技術のようです。

そもそも「Airpush」って何?

「Airpush Android」あたりでググってもらえば色々ヒットすると思います。
が、「Airpush」自体について詳しく書いているのは、以下の記事くらいしか見付かりませんでした。
»CPMが10倍に? AndroidアプリのPUSH通知機能を効果的に使った新しい広告テクノロジー「airpush」に注目 – smarterous

まぁ要するに、「今までの Android アプリの広告だとクリック率(CTR)が低いから広告料(CRM)も低いけど、 Airpush なら通知トレイに広告を表示するから、アプリをインストールした 100% のユーザーに配信できるし、従来の 10 倍の広告料だって夢じゃない」ということらしいです。

……、うん、まぁ、アプリを使ってないときでも広告だけは表示されるし、通知バーに「新規メール」とか「アップロード完了」とかと同じような感じで広告が表示されるんだから、クリック率が上がるのは当然っちゃ当然な話。
デベロッパーからしても、広告料が上がれば嬉しいことでしょう。そりゃ。

でも、フツーの感覚でフツーに考えれば、このやり方がユーザーに受け入れられるとは到底思えません
どう考えても「何これ、うぜぇ」ってなるのは目に見えてると思うんですけどね。
「ユーザーも好きなときに広告が見られる」という謳い文句も、「消さない限り表示し続ける」ということを都合良く言い換えただけにしか思えませんし(そもそも「好きなときに広告を見る」ユーザーなんて居るの?)。
完全な誤タップ狙い(あくまで推測)なのも、なんだかヤな感じ。

「従来の広告は、アプリをインストールしたごく一部のアクティブユーザー(「Airpush」の紹介動画によると 5%)にしか表示されないことが問題」と主張してますが、そもそもインストールしたうちの 5% にしか使われないアプリしか開発していないのが問題なのではないんでしょうか?
この数字から想像できるのは、「とりあえず試しに入れてみたけど、結局使わずアンインストールもされないアプリがほとんど(95%)」であるということ。
つまり、「ユーザーにとって(使ってみたにも関わらず)不要なアプリがほとんど」ということです。
それを棚に上げて「100% のユーザーに配信できますよ! 広告料上がりますよ!」って、いくらなんでも虫が良すぎる気がするんですが。

デベロッパーからしたら画期的な技術なのかも知れませんが、ユーザーにとっては迷惑でしかありません。
規約とかルール的なところはよく分かりませんが、それに違反していないからといって、ユーザーに受け入れられない技術は廃れるのが世の常です。
遅かれ早かれ Airpush は使われなくなって、過去のものになるでしょう。
そうじゃなきゃ困ります。一人のユーザーとして。

一応、公式サイトへのリンクも張っときますが、これを使ってもユーザーの反感を買うだけだと思いますよ。
»Mobile Ads Redefined | Push Notification ad network | Android app monetization

Airpush 広告への対策

将来的には無くなる(と個人的に予想してる)とはいえ、今はまだ多くのアプリで使われている模様。
ですが、すでに色々な方法でそれを調べたり防いだりする方法が紹介されています
(「Airpush Android」でググったときに表示されるのは、たぶんこっち方面の記事が多いと思われます)

その中で、どうやらスタンダードなのが「AirPush Detector」というアプリ
これは、スマホにインストールされているアプリの中で、Airpush 広告が使われているかどうかを調べて教えてくれるという非常にシンプルなもの。
Airpush 広告を使っているアプリがインストールされていればそのアプリが、インストールされていなければ「No installed notification ad apps detected!」というメッセージが表示されます。

Airpush 広告を表示するアプリがインストールされていなかったときの画面

僕の場合は、MySettings」というアプリが Airpush 広告を使用していたようで、これをアンインストールすると通知バーから広告は消えました(それ以降も表示されません)。
「AirPush Detector」で調べても、「No installed notification ad apps detected!」と表示されました。
めでたしめでたし。

もし Airpush 広告を使っているアプリがインストールされているようであれば、その後の判断はもちろん各ユーザーに委ねられます
そのままアプリを使い続けるのか、(有料版があるなら)お金を出して広告を非表示にするのか、それともアンインストールしてしまうのか。
ユーザー心理を考えると、2 番目の選択肢は有り得ないと思いますけど……。

「Airpush」自身が広告を表示させなくするアプリを開発していますが、レビューを見る限り散々ですね。
ステータスバーに表示される広告を除去する方法 | あんどろいどスマート」という記事で紹介されているんですが、リンク先が間違っている(URL が後で変更された?)ので、アプリの画面を見たければ以下のリンクからどうぞ。
»Airpush Permanent Opt out – Google Play の Android アプリ

【その他の参考リンク】

謝辞

かとち(@katoti)さんにも Twitter でご指摘いただきました。
ありがとうございます。
そのとき示していただいたページもリンクしておきます。
»価格.com – 『ASOBO』 クチコミ掲示板

所感・雑感

僕はデベロッパーじゃありませんし、近くに「アプリのデベロッパーです」という人も居ないので、そういう人たちの気持ちや状況は分かりません。
ただ、こんな技術に飛び付いてしまう人(あるいは会社)がいくつもあるということは、それだけ状況は厳しいということなのでしょう。

Web サイトに置き換えると、いわゆる「ブラックハット SEO」のようなものではないかと推測します。
一時的に効果がある(ように見える)けれど、ユーザーやクライアント、ひいては制作者にもメリットが限りなく乏しく、いずれ廃れていく技術たち。
結局はまっとうなサイトやコンテンツを作った方が、最終的には評価も高くなり、皆にとっての利益になります。

「ブラックハット SEO」が駆逐されつつあるように、「Airpush」も近い将来使われなくなるでしょう。
というか、そうなるよう願います。

デベロッパーにとっては厳しい状況は続くと思いますが、「広告を消したいから」ではなく、「使いたい機能があるから」という理由で有料版をユーザーが購入するような、魅力的なアプリをぜひ開発して欲しいと思います。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://blog.btmup.com/smartphone/android-notification-bar-ads-cause-airpush.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Android の通知バー(ステータスバー)に表示される広告の原因は「Airpush」と判明! from btmup Blog
pingback from Remeteor.net » 2012/11/06 12-11-06 (火) 22:55

[...] ◇Android の通知バー(ステータスバー)に表示される広告の原因は「Airpush」と判明! | btmup Blog #Android使ってる人で対策したい人は参考に [...]

Home > スマートフォン(スマホ) > Android の通知バー(ステータスバー)に表示される広告の原因は「Airpush」と判明!

リンク
フィード
メタ情報

このページのトップへ